基礎代謝量をあげるためには有酸素運動を日常に取り入れるのがよいといいます。
一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングだといわれています。もちろん、のんびりと散歩のように歩くだけではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。
たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎を引きながら前を向くなどして、筋肉を意識して歩くと、効果が出てきます。目的を持って歩くことによって痩せる時の注意点は、40分以上は必ず歩き続ける事です。
歩く事のような酸素を摂り入れる運動で、体内で燃え始める脂肪は、始めてから約30分たってからです。ウォーキングを10分や20分程度したくらいでは、脂肪は燃やされず、ダイエットをする効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。一般的には基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていってしまいます。
これは成長期の終了によって代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。30代以降になるにつれて太りやすくなってしまうのはこういう理由があったのです。
ダイエットにはいろんな方法がありますが、基本的には食事と運動が大切だと思います。食事制限と運動を並行してすると一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすれば良いかもしれませんね。
ジムを使うのも良いですし、それができないといった方は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするようにするのが良いでしょう。
痩せよう!と頑張って実行していると自分に厳しい食事の制約をかけてしまう人もいますが、断食などの無茶な減量は、禁物です。
食事制限をやっていてもひもじくなってしまったら無理をせずに食すようにしましょう。
その時、なるべく低カロリーのものを属するようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。