ダイエットを成功させるためには有酸素の運

ダイエットを成功させるためには有酸素の運動と筋トレです。
遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレをする時に使われているのは速筋が鍛えられます。
遅筋は筋が大きくなりにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。
遅筋と速筋を両方鍛えると、魅力あふれるスタイルになります。
ダイエット期間のつまみ食いは絶対ダメです。
おやつで食べるものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、口にすれば太るという事実を心に留めておいてください。極端に我慢するのもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食べたい欲求を抑えられるように体質改善ができるといいですね。
その昔、私がダイエットを決心した時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上やりました。
これをなるべくなら毎日行うことで、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。
細くなろうと思っても継続して走ったり徒歩したりするのははっきり言って面倒な気持ちがおこりませんか。
ということで、お教えしたいのがインドアでの有酸素運動です。ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、軽装でしっかり体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。ダイエットの間、無性に甘い物が食べたくなった時に飲食する物は、昔から変わらずに寒天です。寒天は色々な味付けにできるので、全く飽きません。特に、缶詰のみかんを入れた牛乳の寒天と、さいの目に切った味なし寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが大好物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です