出産を終えて、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットと一緒に生まれて初めて筋肉を鍛えました。100%おっぱいで育児をしていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。
おかげさまで約半年でほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。もはや20年くらい前になりますが、当時流行した海外製の痩せる!といわれるサプリを経験してみたことがありました。
飲んでし暫時すると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、たった一本で飲むのを中止することにしました。
全然、痩せずに終わったお話でした。ダイエット中は、つい甘いケーキなどを食べたくなるものですが、ここはぐっとその気持ちを我慢することが重要です。
食べることで、体重に反映されてしまいます。もしどうしても食べたいとなればカロリーが低いダイエットのためのケーキを作るほうがいいです。
ダイエットする事を決めたその時が、一番意気込みに満ち溢れている状況でしょう。
痩せる為には、その体重を落とすぞという気持ちをずっと継続させることが、肝心です。
初めに必死に頑張り過ぎると投げ出しやすくなってしまうので、優しく始めましょう。ダイエットで人気の高い有酸素運動は、もっとも効果のある心拍数を自分が理解することで効率よくエネルギーを消費することにつながり、脂肪燃焼を高めることが可能となります。とはいえ、長時間体を動かし続けるほど痩せられるという訳ではなくて、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、反対の効果になってしまいます。